★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下たるみ取りの一般的な手術法

目の下たるみ取りの一般的な手術法を解説します。

目の下に加齢とともにたるみができると、その部分に脂肪がつき膨らんで見える場合があります。
この「たるみ」「ふくらみ」は目の下に影をつくりやすく老けた印象を与えてしまいます。

目の下のたるみ取りは、たるんだ下瞼の皮膚を取り除いてあげることによって以前のような、すっきりした若返った目元を取りもどせます。

手術による目の下たるみの治療法 

カウンセリング後、切除する皮膚の量を決めたら、下瞼に局所麻酔を行います。
麻酔時にチクッという痛みはありますが、術中はほとんど痛みを感じません。
次に下瞼のまつ毛の生え際のラインに沿って切開し、たるんだ部分の皮膚を切り取り、ゆるんだ眼輪筋を固定し最後に切開した部分を極細の糸で縫合して終わります。
下瞼は比較的皮膚が薄いため傷の治りはきれいになります。
 

目の下たるみ手術後

手術後 4、5日したら抜糸します。 手術後3日間程度は患部にガーゼをあてカバーします。
腫れ、内出血は1週間程度でますが、傷跡はまつげの生え際なのでほとんど目立ちません。
メイクは眼の周辺以外は治療翌日から、アイメイクは抜糸の翌日から可能です。 首から下でシャワーは当日から、入浴は翌日から、洗顔は抜糸の翌日から可能です。
 
まぶたの脂肪が厚く、目の下に袋状のたるみがある方は、皮膚を切除する際に、下まぶたの脂肪を切開部から取ることもできます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。