★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下の脂肪除去Q&A

Q、目の下のたるんだ脂肪を除去すると、目の上の脂肪が下に降りてくるという話もありますが本当?

A、目の周りの脂肪は、目の上の内側から真中にかけてと、目の下の内側から外側にかけて存在します。
しかし、これらの脂肪は房状となって個別に存在し、袋状の膜に包まれています。
その袋は靭帯と呼ばれる支持組織によって、目の周りの骨にくっついています。
ですので、目の下の脂肪を除去したからといって上の脂肪が下に降りてはきません。

加齢とともに目の脂肪が下に降りてきたように見えるのは、靭帯などの支持組織が緩んで、眼球の重みで目の下の脂肪が前に出てくるとともに、目の上のスペースが広がり、目の上に存在する脂肪が奥に収まるからです。
目の上の脂肪が下に降りるといわれるのは、目の周りの上下の脂肪が連続しているという誤解によるものです。

Q、目の下の脂肪を除去しても、また出てくることはないの?

A、きちんとした施術をすれば、そのようなことは起こらないそうです。
目の下の過剰脂肪は前方から少しずつ取り出すことが肝心です。
そうすることによって、必要量を過不足なく除去できます。
しかし、脂肪の真中から取ってしまうと、前と後ろに脂肪が残ってしまい、正確な量を調節して取り出せません。
前後に脂肪が残ると、目の下のたるみ が残ったり、でこぼこした感じになったりすることがあります。
また、前方に脂肪を残すと、この脂肪が前方に突出し、時間とともに、たるみ が再発する可能性があります。
目の裏から脂肪を除去する場合、真中から脂肪を取り始める方法を用いるクリニックが少なくありません。
それは、前方から少しずつ取り出すよりも技術的に簡単だからです。
ですから、満足のゆく結果を求めるのであればこの方法をとるクリニックをおすすめします。

★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

★【美肌復元法】--いまより10歳若返るスキンケアの真実 エステ、美顔器、高級化粧品を使わないで美肌になる秘密のスキンケアを伝授します。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。