★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下たるみやしわを解消する表情筋トレーニング

目の下のたるみや顔のしわの原因になるものに表情筋の衰えがあると話しましたが、エステやマッサージに通う以外にも自分自身での手入れも必要になります。

手軽にできる表情筋のトレーニングを紹介します。

☆口を大きく開けて「あ〜」といい続け10秒ほどキープする。
☆息を吐きながら「え〜」といい続け10秒ほどキープする。
☆えくぼができるぐらい思いっきり笑顔をつくって口角を上げ30秒ほどキープする。
☆これを3〜5セット行なう。

実際に声に出しながら、息を吐く事が大切です。
表情筋が動いているのをイメージしながらやりましょう。

これは特に続けないと効果が望めないので毎日行なってください。
成果が見えるには結構時間がかかります。

エステに行くと効果があったように見えますがそれは一時的に表情筋があがっている状態です。
時間がたつと元にもどります。

ずっとたるみやしわを無くしたいのなら自分でのトレーニングやマッサージを歯磨きや洗顔と同じように習慣化することです。

★【美肌復元法】--いまより10歳若返るスキンケアの真実 エステ、美顔器、高級化粧品を使わないで美肌になる秘密のスキンケアを伝授します。★美とMONEYをGET!


目の下たるみ取りの簡単なトレーニング方法 ストレッチ

目の下たるみ取りに効果のある顔のストレッチはたくさんありますが、毎日継続できるものでなくては意味がありません。

発声により目の下や顔のたるみを予防するこの方法は大変簡単です。あ、い、う、え、お、という言葉を発声するだけでOKです。

最初に「あ〜」と口を大きく開けて発声します。このとき目も一緒に見開き10秒ほど続けます。

次に「い〜」と口を左右にひろげて発声します。このとき目も横に伸ばすようなイメージで行い、同様に10秒ほど続けます。

次に目をすぼめるようにしながら、口をとがらせて「う〜」と発声します。これも同じく10秒ほど続けます。

次に口が長方形になるように歯を前面に出し「え〜」と発声します。目を長方形にするのは難しいですが意識しながら同じく10秒ほど続けます。

最後に口をまるめながら前にのばして「お〜」と発声します。目も同じような感覚でリンクさせ同じく10秒ほど続けます。

この発声を1日2セットを目安に行なってください。
発声時、口を大げさなほど発声する言葉の形にすることと、目もそれに応じた動きを行うようにすることがポイントです。

目の下のたるみ目周辺のたるみ取りに、この動きは大切ですのでしっかりと行うようにしましょう。

★顔を変える!10年前の顔になる『造顔マッサージ』を一挙に紹介!

目の下のたるみ取りの簡単なトレーニング方法

目の下のたるみ取りには目の周りの筋肉を鍛えることが重要です。

目の周りの筋肉を鍛えるという意味では、「あ、い、う、え、お」と、大きく口元を動かしたり、眉毛を上げ下げしたり、息を吸うのに合わせて目を大きく開けたり、息を吐くのに合わせてぎゅーっと閉じたりすると効果があります。すべての動作はゆっくりと、意識的に筋肉を動かすような気持ちでやりましょう。

目の下たるみ取りトレーニングA

目を思い切りつぶり、今度はパッチリと開けます。これは、目の疲れにもとても効果があるので、一日に何回もやることをお勧めします。目をつぶる時は、痛くなるぐらい力を入れてください。その方が効果的です。

目の下たるみ取りトレーニングB

下まぶたのトレーニングです。これをやりつづけると目の下のたるみ取りに効果抜群です。

下まぶただけを動かすのですが、まぶたは上下が連動しているので、自然には出来ません。上のまぶたが下がらないように、指でおさえます。上まぶたに指をかけて、上に引っ張り強引に目を大きく開く感じにします。その状態で瞬きをして、下まぶたを限界まで上げてください。これを繰り返します。

目の下のたるみが気になるならば、サボらずに毎日続けましょう。
目元は目の下のたるみなど、肌の老化がもっとも出やすい部分です。しかし、毎日、ケアを続ければ効果が目に見えて実感できます。目元のケアに手遅れということはありません。

★10年前の顔に戻る、最新最高のマッサージ術を、わかりやすく誰もが実践できるやり方で

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。