★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下のたるみ取り−化粧品で改善

目の下のたるみと化粧品には密接な関係があります。
間違った化粧品を使えば目の下のたるみを起こす原因になったり、たるみをすすめる原因になったりすることもあります。ですから肌に良い化粧品を選んで目の下にハリや潤いを与えましょう。

目の下のたるみができる大きな要因に肌の保湿機能が低下することがあげられます。皮膚の表皮を下から支えているのは真皮層のコラーゲンやエラスチンです。このコラーゲンやエラスチンが周囲の真皮層や表皮に水分を十分に与え弾力を保ち表皮にハリを与えています。
健康な肌は、表皮の角質細胞がブロックをつんだように規則的に並んでその隙間を角質間物質で埋めることで内部の水分の蒸発を防いでいます。
しかし肌に刺激性の強い合成化学物質を含んだ化粧品などを使い続けたり、紫外線などの影響で、目の下の表皮層がダメージを受けます。肌の保湿機能が低下することでハリがなくなり目の下にたるみやシワが生じてしまいます。
目の下のたるみを改善するには、目の周囲の血行やリンパの流れをよくするマッサージで循環をよくし、さらに肌に刺激性のある化学物質を含まない保湿化粧水や美容液で潤いを与えると効果が期待できます。
目の下のたるみに良い化粧品としては、角質細胞間の隙間を満たしている角質間物質であるセラミドや、真皮層のコラーゲンを高濃度に配合した化粧品を選ぶようにしましょう。
★目の下のたるみに特化した無駄の無い、強力原液エッセンス!


目の下のたるみ取りにマッチした化粧品

化粧品とマッサージのダブルケアで、目の下のたるみがない、ふっくら明るい目元を手に入れましょう。

また、「目元が疲れているな」「目の下がたるんできたみたい」と感じたら、目の周りのパックもお勧めです。化粧水や美容液などをたっぷりコットンに浸してコットンパックをしたり、ヒアルロン酸などが配合された目元パックをするようにしましょう。

目の下のたるみが気になるからといって、目の下のたるみ取りのマッサージをする時に、強く押し過ぎて、皮膚をひっぱったり、こすったりしないようにしてください。目の周りは皮膚が薄いのでマッサージによる摩擦や刺激から肌を守るためには、クリームを使用しましょう。オイルは熱を持ちやすいので、適さないとのことです。

マッサージをしたあとは、ちゃんと美容液を塗ること、また、美容液を塗ったら、クリームをつけておくのも忘れないようにしましょう。

また肌の弾力成分であるコラーゲンが、年齢を重ねるにつれて老化し変質していくことで目の下のたるみができてしまいます。特に、コラーゲンの変質については紫外線による影響が大きいので、目の下のたるみ取りに紫外線対策は必須です。日差しが強い日に外出する際のメイクは、下地にUVカットのものを使用し、帽子を着用するなどしましょう。

また、肌の乾燥も目の下のたるみにつながります。保湿効果のあるスキンケア化粧品で、肌の乾燥を防ぎましょう。また、室内の湿度も加湿器などを利用してコントロールするように心がけてください。

★美容液20本分凝縮のフェイスマスクで10分で白肌に!?ハンミフェイスマスクEX(20枚入)ヒアルロン酸・コラーゲン配合

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。