★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下のたるみとクマカテゴリの記事一覧

目の下たるみとクマ、たるみチェック法

どのくらい目の下の皮膚がたるんでいるかを、自分でチェックしてみましょう。

まず口を大きく開けて天井を見ます。
その状態で摘める部分が皮膚のたるみです。

また肌の張りがなくなって毛穴が開き、毛穴のかたちが楕円形になっていたら、それもたるみの危険信号です。

目元の皮膚は体の中でもデリケートな部分。
まぶたは顔のほかの部分の皮膚の1/3くらいの薄さです。
その上、1日約1万5千回ものまばたきで酷使され続けですので、トラブルが起こりやすい部分でもあります。

目の下のクマ」には血行不良によるもの、色素沈着によるものなどがありますが、目の下のたるみによるものもあります。

眼球の周りの脂肪が年齢と共に下がってたるみ、クマのような形となってあらわれます。
特にやせている人におおく見られるようです。

目元のたるみは、実は脂肪。
筋肉が衰えたり肌の弾力が失われると組織がゆるみ脂肪が押し出されてくるのです。

また、老化だけが肌がたるんだように見える原因では必ずしもありません。
リンパや血行の循環が低下して余分な水分や脂肪を排出できなくなり、皮下組織の脂肪細胞が増加している場合もあります。

そこで目のまわりのシワ・たるみを防ぐには、若いうちから紫外線対策、抗酸化ケア、マッサージを取り入れたお手入れをすることが大切です。
マッサージによって代謝を高めて「むくみ」を予防し、皮下脂肪がつきにくくなります。 

★アンチエイジング10年前の顔に…いいえ、あの時より美しく


目の下のたるみと目のクマ

目の下のたるみと目の下のクマの関係についてですが、人によってどれをクマと呼び、どれを目のたるみというかは微妙に違うようです。またそれらをひっくるめて目のたるみと言う方もいるかもしれません。

なぜなら、目の下のたるみとクマというのはその原因が密接に関係しているからです。目の下のたるみの原因というのはほとんどが、眼球の下の脂肪が原因です。

そして、目の下のクマの原因というのは色素沈着であることは間違いないのですが、目のたるみが大きくなることで、その色素沈着も目立ってしまうのです。

このようなことから、目の下のたるみとクマはセットで治療するのが効果的と言えます。クマの直接原因である色素沈着はビタミンCローションやプラセンタ治療という方法で少しずつ薄くなりますが、目の下のたるみ取りの治療をしないことには、見た目にはあまり効果は表れないということです。

目の下のたるみ取りとクマでお悩みの方はまず、自分の目のたるみの状態をよく把握するようにしましょう。その上でどのような治療が必要なのかを考えることが重要です。

目の下のたるみ取りとクマの治療を専門に行っている美容外科もありますので、そのような医療機関のホームページで詳しく調べるのも良いと思いますし、実際に行ってカウンセリングを受けるのも良いです。また、自分でできる目のたるみやクマ対策も色々あります。

メクマ・トリック 目の下のクマが!!まさに魔法!ハロキシル配合目元専用美容液

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。