★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下たるみ取りの一般的な手術法

目の下たるみ取りの一般的な手術法を解説します。

目の下に加齢とともにたるみができると、その部分に脂肪がつき膨らんで見える場合があります。
この「たるみ」「ふくらみ」は目の下に影をつくりやすく老けた印象を与えてしまいます。

目の下のたるみ取りは、たるんだ下瞼の皮膚を取り除いてあげることによって以前のような、すっきりした若返った目元を取りもどせます。

手術による目の下たるみの治療法 

カウンセリング後、切除する皮膚の量を決めたら、下瞼に局所麻酔を行います。
麻酔時にチクッという痛みはありますが、術中はほとんど痛みを感じません。
次に下瞼のまつ毛の生え際のラインに沿って切開し、たるんだ部分の皮膚を切り取り、ゆるんだ眼輪筋を固定し最後に切開した部分を極細の糸で縫合して終わります。
下瞼は比較的皮膚が薄いため傷の治りはきれいになります。
 

目の下たるみ手術後

手術後 4、5日したら抜糸します。 手術後3日間程度は患部にガーゼをあてカバーします。
腫れ、内出血は1週間程度でますが、傷跡はまつげの生え際なのでほとんど目立ちません。
メイクは眼の周辺以外は治療翌日から、アイメイクは抜糸の翌日から可能です。 首から下でシャワーは当日から、入浴は翌日から、洗顔は抜糸の翌日から可能です。
 
まぶたの脂肪が厚く、目の下に袋状のたるみがある方は、皮膚を切除する際に、下まぶたの脂肪を切開部から取ることもできます。



目の下のたるみの治療法…HAMURA法(ハムラ法)

目の下のたるみの治療方法として行なわれる、目の下たるみの手術にはどんなものがあるでしょうか。

★皮膚と眼輪筋の間を剥離し、たるんだ皮膚だけを切り取る方法
★眼輪筋と眼窩脂肪の間を剥離していき、皮膚と眼輪筋を同時に切り取る方法
★皮膚、眼窩脂肪、眼輪筋をそれぞれ剥離し、各余分な部分を切り取る方法
などが目元のたるみや、目の周りのしわの手術法として一般的です。

また最近では、HAMURA法といわれる目の下たるみの治療手術が用いられるようです。

HAMURA法は下眼瞼の脂肪を取り、あまった皮膚を切除しますが通常の手術と違うのはクッションともなる脂肪を取り過ぎず、目の下の「くま」の部分の溝にひきつめることで自然なハリをもたせるところです。

ハムラ法は、目の下のたるみの原因となる脂肪を完全に取ってしまわずに、たるんで見えないように仕上げる方法なので、目の下がくぼんだりせず、自然で弾力があり、若々しい目元を取り戻すことが可能なのです。

若返ろうと行った手術で脂肪を取り過ぎてしまい、目の下が落ち込んで自然な若々しさがなくなってしまったということがないように考えられているのです。

目の下たるみの治療・手術は、即効性はありますが値段も高く、傷跡などもまったくないとは言えません。カウンセリングや実績、アフターサポートが充実しているかなど、1つのクリニックだけではなく、複数のクリニックに相談した方が良いと思います。

目の下のたるみ取りの治療…経結膜脂肪除去

目の下のたるみの原因としては、眼球の下にある脂肪が肥大することや、その脂肪を眼球が圧迫した結果脂肪が突出することが原因の一つなので、その脂肪を除去することが目の下のたるみの解消につながります。

目の下のたるみの原因である脂肪を除去すると言ってもその方法はいくつかあります。ここでは経結膜脂肪除去という方法を紹介します。

経結膜脂肪除去というのは下まぶたの内側から結膜を切開して脂肪を除去する方法です。これは目の下のたるみ取りに効果があるのはもちろん、傷跡が顔の表面に残らないのが最大の特徴です。縫合の必要もなく、施術も1時間ほどで終わります。

目の下のたるみを改善するには他にも下眼瞼切開(かがんけんせっかい)やHAMULA法というのがありますが、その人の目の下のたるみの状況、原因などによってもどの方法が最適かは変わってきますので、興味のある方は目のたるみなどの専門のクリニックで相談してみることをおすすめします。

アイマッサージャー【リラックスアイ】プレゼントつき★目のために!1日5分のリフレッシュ

目の下のたるみ取りの治療 『下眼瞼切開』

目の下のたるみの原因の種類によってその治療法は違ってきます。目の下の皮膚や筋肉が弛緩してたるみが出てしまった場合の治療法を紹介します。

皮膚のたるみが主な原因の場合下眼瞼切開(かがんけんせっかい)という方法があります。

下眼瞼切開というのはたるみの出てしまった目の下の皮膚を切除してたるみを無くす方法です。皮膚の表面を切開することになるので傷跡が心配になりますが、医師やそのクリニックによって多少違いはあるとはいえ、まつ毛の下の部分を切除するので跡は目立たないとのことです。

もちろん局所麻酔を使用しますし手術時間も2時間程で、入院の必要もないとのことなのであまり心配しなくても大丈夫です。

目の下のたるみが特に気になる方が対象だと思いますが、その状態や症状は様々だと思いますので、まずは専門家に相談することをおすすめします。目のたるみ取りの治療を行っている病院やクリニック、エステなどもたくさんあります。公式のサイトなどもありますのでそれぞれよくチェックしてから決めてください。

プチ整形&美容整形本当のこと教えます

目の下のたるみ取りの治療法

目の下のたるみ取りの治療法ですが、その原因になっているのは目の下の脂肪です。その脂肪を取り除くことで目の下のたるみを解消することができます。

目の下の脂肪を取り除くと言っても、まぶたの裏側から取り出すので顔の表面に傷がつく心配はいりません。しかし、目の下のたるみやシワが強く、皮膚が伸びてしまっている場合は、目の下の余分な皮膚を切除する方法が有効です。

また「目の上のたるみ」と「目の下のたるみ」では原因に違いがあるように、治療方法にも違いがあります。目の上のたるみの治療では、たるみが軽度の場合、埋没法という二重にする際の手法を使ってたるみを解消します。

まぶたのたるみが重度の場合は、余っている皮膚を切開して取り除く方法で目のたるみを解消します。この場合、切開した跡は二重のラインに沿って隠れるのでほとんど目立ちません。


目の下たるみの治療法は他にもいくつかあります。しかし、同じ治療法でも病院や医師の経験などによって、微妙にその治療法や結果も変わってくるので目の下のたるみ取りをしたい方は、ネットなどでよく調べて自分に最適な病院や医師を見つけるようにしましょう。

下まぶたを微弱電流で優しくお手入れ。若々しい印象に 目の下の悩みはおまかせ!アイスラックII

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。