★ゲキモテ★1日たった10分で!イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

■ リセットビューティー ■ 話題沸騰!女度をグングンあげる 美の伝道師”宮原もとみ”のアンチエイジングスキンケア どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法

目の下のたるみを防ぐコラーゲンの上手な摂り方カテゴリの記事一覧

目の下のたるみを防ぐコラーゲンの上手な摂り方

目の下のたるみの原因となるのが加齢とともに減っていく肌のつやと張り。

弾力のある肌を保つには『コラーゲンが良い』というのが常識のようになっていますが、コラーゲンは肌だけにあるのではなく人対中の全タンパク質の3分の1を占め、骨や血管壁の立体構造を保つ役割をしています。

特に肌との関連性が注目されるのは、皮膚の乾燥重量の70%がコラーゲンで形成されているからです。

コラーゲンの立体構造を埋めているのは、保水・吸水効果の高いヒアルロン酸ですが、コラーゲンが減ると真皮のヒアルロン酸が減り、水分量も減少して肌の張りを失わせてしまいます。

コラーゲンは体中で必要なので、皮膚より先に生命の維持に重要な臓器から使われ、皮膚に回ってくるのは一番最後。

貧血ぎみだったり筋肉が衰えていたりすると、肌に効果を及ぼす前に血液や筋肉に使われてしまいます。

目の下のたるみを防ぐコラーゲンの上手な摂り方

【たくさん摂る】
健康の為のコラーゲンの量は、1日1000〜5000mg。ただし極端な摂り過ぎは腎臓に負担がかかります。コラーゲンの豊富な食材には牛肉(スジ肉、牛タンなど)、鶏肉(手羽先、軟骨、鶏皮など)、豚肉(豚足、レバーなど)、魚(あじ、いわし、カレイなど)があります。

【ビタミンCを摂る】
体内で消化・分解されたコラーゲンはアミノ酸として吸収される。このアミノ酸を材料に各臓器でコラーゲンが再び組みたてられるが、その働きを助けるのがビタミンC。コラーゲンの力を十分発揮できるようビタミンCを一緒に摂るようにします。

【毎日摂る】
前述のような食材を毎日摂るのはなかなか難しいのが現実。市販のサプリメントでコラーゲンを摂るには、良質・安価・良味で、1日分に含まれるコラーゲン量の多いものを選んで補おう。

【よく寝る】
皮膚の新陳代謝が活発になるのが夜10時から深夜2時ころですから睡眠不足は美肌の敵です。目の角膜や硝子体、歯と歯茎にも多くのコラーゲンが使われているので、視力アップや白い歯とピンクの歯茎のサポートにもなります。

★篤姫も愛用の“和漢コラーゲン”が、ついにサプリメントになって登場♪和漢コラーゲン・鉄分配合
★1日1包。毎日続けられる、海からの恵み。コラーゲンペプチド3000


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。